今日の和歌山県のコロナウィルス感染者数は?|コロナ感染者数の増加が多い和歌山地域の事情を解説

スポンサーリンク
koronabakuzouコロナ関連
スポンサーリンク

今日の和歌山県のコロナウィルス感染者数について

昨日は新型コロナウィルス感染拡大の影響を受けて緊急事態宣言が多くの地域で発令されました。緊急事態宣言を詳しく説明しているのはこちらから

今回の緊急事態宣言でコロナウィルス感染者数が少しでも減少すればいいんですけどね。

現在のこのコロナウィルスの急激な増加の影響については以下の事が考えられます。

年末年始に自粛を推奨されていたが忘年会等の会食で感染拡大

年末年始で地元への帰省が感染範囲の拡大に繋がった

冬で換気がなかなか出来ない

ウィルスは乾燥に強い為、感染しやすい環境が整っている

感染者数がシンプルに増加しているので家族間で感染拡大がおきている

などが理由で感染拡大が起きていると考えます。

さて今日の和歌山はどうなっているでしょう

スポンサーリンク

今回のメリット

①感染拡大している原因が理解できる

②今日の和歌山県のコロナウィルス感染者数について

③今日の和歌山県のコロナウィルス感染者数から以前のデータと比較できる

①感染拡大している原因が理解できるについて

感染拡大している原因についてでしが、上記にもポイントとしてまとめている通りで年末年始の帰省が最も大きい原因であると考えます。また、帰省した際に家族や友人と会食を行った方も多いと思うので、そこからの感染が患者数増加に繋がっていると考えます。

看護師の私が考えるのに、会食で他者との会話で感染する可能性ももちろんありますが、意外と知られていない感染源として、【トイレ】があります。

【トイレ】はかなり感染リスクの高い場所であるという認識があまり皆さんもたれていないと感じています。【トイレ】から出た排泄物は水洗時に水と共にトイレ内周囲に飛び散ります。そこで、ウィルスがエアロゾルを起こし、トイレ内を浮遊するのです。

同じウィルスとして、ノロウィルスなどもエアロゾル感染を起こすので、ノロウィルス患者さんの排泄の後にトイレに行くと感染力が強いので感染してしまうことが度々ありますよね。今年もそろそろノロウィルスの季節が来るので合わせて注意が必要ですね。

①トイレでの感染対策としては、皆がトイレのフタを閉じて水洗

②しっかり換気しましょう

③使用前後でしっかり手洗い&アルコール消毒
※トイレ使用前の手洗いを行っていない人が多いですよね

上記を徹底することが大切です。

②今日の和歌山県のコロナウィルス感染者数について

今日の和歌山県のPCR検査の結果陽性者数(感染者数)は21人でした

和歌山県の地域と人数

地域人数
和歌山市14人
湯浅町4人
田辺市1人
海南市1人
橋本市1人
合計21人

年代別

年齢人数
幼児1人
10代3人
20代5人
40代5人
50代3人
60代1人
80代2人
90代1人
合計21人

③今日の和歌山県のコロナウィルス感染者数から以前のデータと比較できる

昨日もいいましたが、少しピークアウトしたような気持ちでいていましたが、やはりコロナは時間差で患者数が見つかるケースが多いので患者数が安定しませんね。しかも、今回はコロナの患者さんが和歌山県の北から南まで多くの地域に出てきています。特に和歌山市に多いですが、和歌山市は和歌山県で最も人口が多い為必然かもしれませんね。

これからの見通しとして感染は発症するまでに、排菌(ウィルスをまいている)いるので、これからも陽性者の農耕接触者が芋づる式に感染陽性者が増えてくることが予測できます。かならずマスクを着用して密を避け日常生活を過ごしていきましょう。

最近ちょっとした私の楽しみとして、

コロナコロナで毎回嫌になってきますよね。こんな時は美味しい鍋を食べましょう。野菜も今すごく安いのでその分普段食べない具材やだしの素を使って楽しんでいます。

こんな時代だからこそ、子供としっかり遊んで楽しく夕食を食べましょう

食は、万里を超えます(#^^#)

まとめ

現在の感染者数増加は年末年始の帰省、環境要因の影響を受けて広がっている

今日の和歌山県のコロナウィルス感染者数は21人で各地域で出ている。特に和歌山市が多く人口が多い事が原因ではないかと考える

和歌山県がどうしてコロナが少ないのか私なりにまとめてみました。和歌山県民が少しでも前向きになれるような内容になっていますので是非こちらを確認してみて下さい。

和歌山県はどうして新型コロナウィルス患者が少ないのか?|和歌山県の特徴を踏まえてコロナが少ない理由を考察
和歌山県はどうして新型コロナウィルス患者が少ないのかご存知ですか?そこでこの記事では和歌山県の特徴を踏まえて、どうしてコロナが少ないのかを紹介していきます。この記事を参考にすることで、和歌山県の理解が深まるでしょう。どうぞご覧ください。

あと看護師の私がコロナ対策として行っている事を伝えます

徹底的なアルコール消毒

徹底的なマスクの着用

アルコール消毒は唯一コロナウィルスに効果があると言われています。なので、積極的に我が家では使用しています。まず、家の入口に1つと食卓のテーブル用として1つの合計2個を使用しています。

普段からこちらのサラヤのアルコールを使用しています。何故かというと私の病院も使用しているため、信頼性が高いと感じこちらをずっと使用しています。使用している感じとしては、あまり手荒れはしない気がします。

次は徹底的なマスクです。まずはこちらの画像を見てください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: masuku.jpg

マスクは他者に移さないために使用することが最大の効果なのですが、マスクを着用しているだけで感染のリスクを下げられるんですね。なのでマスクの着用は必須なんです。

こちらの二通りのマスクを使い分けています。少しオシャレをしたいときは布マスク普段の生活は使い捨てマスクを着用して使い分けています。

20201.1.13に緊急事態宣言が発表になりました。どこの地域でどのような内容でいつまで続けるのかなど詳しく説明しています。

【緊急事態宣言発表】大阪、京都、兵庫の3府県と愛知、岐阜、福岡、栃木に緊急事態宣言追加詳細|和歌山県の今日のコロナ詳細報告
大阪、京都、兵庫の3府県と愛知、岐阜、福岡、栃木に緊急事態宣言に追加された詳細ご存知ですか?そこでこの記事では緊急事態宣言の詳細と和歌山県の今日のコロナ報告を紹介していきます。この記事を参考にすることで、各県の緊急事態宣言が詳しくでしょう。どうぞご覧ください。
コロナ関連 和歌山の情報
スポンサーリンク
シェアする
未来にゃんをフォローする
未来にゃん

未来へ投資blogを運営しています。未来にゃんです。
今世界で起こっている事、いち早くblogやTwitterで発信します。ニュースの気になる記事、芸能、アニメ、政治、経済と子育て世代に有力な情報など様々な分野の情報を発信します。
趣味:子供と遊ぶ事と筋トレと温泉
仕事:看護師
人生の目標:日々努力と前進

未来にゃんをフォローする
未来へ投資blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました